新レクサス「NX」に込められた2つの使命

独3強に比肩するにはさらに10年を覚悟

トヨタの専務役員であり、社内カンパニー、レクサスインターナショナルのプレジデントを務める福市得雄氏は、「レクサスブランドのオリジナリティ、日本のものづくりを訴えて、ブランドイメージと認知度を上げる役割が、NXにはある」と、期待をかける。

さらにNXの出来は、トヨタのエンジン戦略の今後をも左右する。

新型ターボエンジンは今後、ほかの車種にも展開していくからだ。排気量の違う複数のターボエンジンがこれから立ち上がってくる。トヨタ自動車九州の苅田工場では、休止していたエンジン生産ラインを再稼働。年間10万基のターボエンジンの生産能力を用意、このラインは最大22万基まで拡張できる。

販売開始時はすでに6500台受注

新型ターボエンジンの成否はトヨタのエンジン戦略を占う

新型ターボエンジンを開発した、ユニットセンターエンジン設計部エンジン企画5グループの引地勝義主査は、「過給技術はトヨタも持っている。欧州勢に学ぶ点は多いが、今現在は負けていない」と自信を示す。NXのターボの技術的な評価が上がれば、トヨタのターボ戦略に勢いがつく。その反面、評価が悪ければ、さまざまな計画が修正を迫られることにもなりかねない。

NXの国内目標は月販700台。販売開始時点での受注は、すでに6500台と上々のスタートを切った。11月に発売する米国では、初年度4万2000台を見込む。主戦場となる米国、さらに欧州や中国で、どこまで販売を伸ばせるか。

NXは、プリウスや「アクア」、「カムリ」と異なり、台数面での重要性は乏しい。が、レクサスブランドの向上、トヨタのエンジン戦略という両面で、大きなカギを握っているのは確かだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。