週に1回は「英語部屋」にこもりなさい!

英語上達のための、究極の「脳トレ」法

安河内:やはり、ただダラダラ聞いていても身に付かないわけですね。

加藤:そうですね。脳には、「興味」が湧いたときに脳番地が活性化する特徴があります。つまり、「聞きたい」「知りたい」という欲求があるときに、リスニングやリーディングの能力が飛躍的に高まるのです。逆に「させられている」という状況では、あまり脳は活性化しません。

日本で「英語漬け」環境を作る方法

安河内哲也(やすこうち・てつや)●東進ハイスクール講師、東進ビジネススクール講師。1967年生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒。英語指導歴は20年以上。企業研修講師として、受験生から社会人までを対象に英語を教える、カリスマ英語講師。著書は100冊以上。国外でも多数翻訳・出版されている。多忙な毎日の中、自らもさまざまな分野の勉強を続けている。TOEICテスト LR + SW 1390点満点。株式会社ティーシーシー取締役、言語文化舎代表。

加藤:「聞きたい!」とか「聞かないと大変なことになる!」という状況が、学習効果を高めてくれる。つまり前回お話しした「自分専門」の英語は、そういう意味でも学習しやすい英語なわけです。

安河内:では先生、日本でそういう状況を作るにはどうすればいいでしょうか? やっぱり、映画の場面とか……?

加藤:そうですね。たとえば映画などの名場面を、自分がそこにいる俳優だと思って、再現してみたりするとよいでしょう。

まず「記憶系」がその場面の英語を呼び覚まし、「思考系」で俳優がどのような心理で話したかを考えます。そして、「感情系」を使って、そのキャラクターの感情とシンクロさせて、「運動系」で発音するのです。もちろん、映画を見て記憶する際は、「視覚系」を使います。このように、脳のありとあらゆる部分で「英語を回す」ことで、英語の回路が作られていきます。

安河内:私がやってきた方法そっくりですね。私も『スター・ウォーズ』などの海外映画で覚えましたから。特に、映画の英語がいちばん難しいからですね。

加藤:それから、部屋を全部英語に変えてみるといいですよね。

安河内:部屋を全部英語に!? それは私もやっています。私は、こういう仕事をしているので、あまり海外に行かずに英語を学習したんですよね。そういう環境の中で、バーチャルに英語だけの空間を手に入れたかったんです。

3年間くらい、部屋のテレビのコードを抜いて、アンテナをつけてCNNなどアメリカのテレビ番組や映画しかとれない状況で生活したんです。妻も何もしていないのに英検準1級が取れてしまうくらい、効果がありましたね(笑)。

加藤:見えるもの、聞こえるものをすべて英語にする。そうすることで、日本語情報をシャットダウンできるんです。部屋ができたら、週に1度は「英語三昧デー」を作って、1日どっぷり、英語だけを使って生活してみるんです。観葉植物に英語で話しかけたりして(笑)。

そうすることで、日本にいながら、英語回路を作っていけると思います。

安河内:私もね、始めはCNNを聞いてもあまりよく聞けなかったんです。それが、湾岸戦争があった時、向こうのニュースはリアルに戦争を伝えるじゃないですか。そのニュースを見たときに「戦況はこうなっているんだ!」という実感とともに、英語が入ってきたんです。

それから、リーマンショックの時もそうでしたね。方々に投資してきた私の資産が、もうみるみるうちに減っていくという(笑)。こういった実感と共に聞く英語が、脳科学的に言っても学習効果が高いわけですね。

加藤:そうですね(笑)。これこそまさに、その情報に対する「興味」が、脳を活性化させたということですよ。

↓  ↓  ↓

鉄則その6:英語は「実感とともに」聞け!
次ページ 「英語ができる人」は、「性格」で決まる?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT