未曾有の危機に立ち向かう再生可能エネルギーの未来《2》固定買い取り制度の導入で利用は拡大する


政府頼みの再生可能エネルギーでよいのか?

補助金もない。FITもない。あるのは電力会社に一定割合で再生可能エネルギーの導入を義務づけたRPS法(電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法)だけという状態では05年同様、再び市場が停滞することになりかねない。

実際、スペインやイタリアでもFIT法の期間縮小や固定価格の引き下げによって太陽光発電導入に急ブレーキがかかっているともいわれている。

このようにいまだ発展途上にある再生可能エネルギーでは、政府の方針転換が市場を直撃する可能性が高い。しかし、すべてが政府頼みでは事業としての持続可能性は望めない。補助金はあくまでも初期投資のハードルを下げ、事業としてのスタートダッシュを支援するためのものである。当初はFITによって広く社会全体で再生可能エネルギーの拡大を支援しつつも、いずれは事業としてしっかり儲かる再生可能エネルギー産業を育成する必要がある。

また、民間投資を呼び込むためには電力会社が独占している発送配電の分離についても検討することが有益だろう。この点は次回詳しく説明したい。

ふじつ・ともこ

 CSR・環境に特化したコンサルティング会社である株式会社イースクエア コンサルティンググループ マネジャー。慶応義塾大学卒業後、経営コンサルティング会社にてエネルギー業界を中心に業務改革、顧客戦略立案、M&Aのビジネスデューデリジェンス等に携わった後、ロンドン大学インペリアルカレッジにて環境技術学修士号を取得。専門は気候変動問題。現在は大手企業を中心に、環境・CSRの戦略立案、サステナビリティにかかる事業計画策定、カーボンマネジメント推進などのプロジェクトに従事するほか、企業ネットワークの運営を担当。サステナビリティ先進企業ネットワーク「フロンティア・ネットワーク(TFN)」のリーダー(06~08年)、持続可能な低炭素社会の実現を目指す「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(Japan−CLP)」の立ち上げと運営責任者(08年~)を務める。

写真は京セラの太陽光モジュール

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT