中国の長江で458人乗り旅客船が転覆

5人が死亡、船長らを拘束

 6月1日、新華社によると、湖北省を流れる長江で乗客乗員458人が乗った客船が転覆、これまでに12人が救助された。写真はボートを運ぶ救助隊員ら。2日撮影(2015年 ロイター)

[上海 2日 ロイター] - 中国国営メディアによると、湖北省を流れる長江(揚子江)で1日夜、乗客乗員458人が乗った旅客船が転覆、これまでに5人の死亡が確認された。

乗客の大半は高齢の中国人観光客で、船は暴風雨に巻き込まれて転覆。救出された人数については情報が錯そうしているが、十数人のみとみられている。

人民日報は、船内には依然として乗客が取り残されていると報道。新華社も乗客が助けを求める声が聞こえていると伝えている。新華社によると、救出された船長と機関長が事情聴取のために拘束された。

人民日報の報道では、上海の旅行代理店が手配したツアーに参加していた50─80歳代の中国人観光客406人と47人の乗員などが乗船。江蘇省の南京から上流の重慶に向かって航行中、現地時間午後9時28分ごろに沈没したという。

習近平国家主席は救助を急ぐよう指示、李克強首相が事故現場に向かっているが、天候が悪く救助活動は難航しているもよう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スタバvs.コメダ<br>知られざるコーヒー頂上決戦

米国シアトル発でスタイリッシュなスターバックスコーヒーと、名古屋発で庶民的なコメダ珈琲店。多様化する国内カフェ市場では「振り切った戦略」でないと生き残れない。対照的な両チェーンの戦略の違いを検証する。