中国の長江で458人乗り旅客船が転覆

5人が死亡、船長らを拘束

 6月1日、新華社によると、湖北省を流れる長江で乗客乗員458人が乗った客船が転覆、これまでに12人が救助された。写真はボートを運ぶ救助隊員ら。2日撮影(2015年 ロイター)

[上海 2日 ロイター] - 中国国営メディアによると、湖北省を流れる長江(揚子江)で1日夜、乗客乗員458人が乗った旅客船が転覆、これまでに5人の死亡が確認された。

乗客の大半は高齢の中国人観光客で、船は暴風雨に巻き込まれて転覆。救出された人数については情報が錯そうしているが、十数人のみとみられている。

人民日報は、船内には依然として乗客が取り残されていると報道。新華社も乗客が助けを求める声が聞こえていると伝えている。新華社によると、救出された船長と機関長が事情聴取のために拘束された。

人民日報の報道では、上海の旅行代理店が手配したツアーに参加していた50─80歳代の中国人観光客406人と47人の乗員などが乗船。江蘇省の南京から上流の重慶に向かって航行中、現地時間午後9時28分ごろに沈没したという。

習近平国家主席は救助を急ぐよう指示、李克強首相が事故現場に向かっているが、天候が悪く救助活動は難航しているもよう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。