ホワイトスペース戦略 マーク・ジョンソン著/池村千秋 訳

ホワイトスペース戦略 マーク・ジョンソン著/池村千秋 訳

アップルの成功は、iPodやiPhoneが製品やサービスとして革新的だからではなく、ビジネスモデルそのもののイノベーションを成し遂げたゆえんなのだ--。

本書はアップルばかりでなく、豊富な事例を基に、ビジネスモデルの構成要素を割り出し、企業が市場環境の変化に対応して飛躍的な成長を遂げるための戦略を明らかにしている。

それも、中核となる事業領域(コアスペース)の外側にあるホワイトスペース(空白)に進出することが重要で、それは、非凡な経営者のひらめきや運ではなく、成功例においても秩序立ったプロセスを通じて実行されてきたと示す。

そのビジネスモデルのイノベーションには「四つの箱」、すなわち新しい顧客価値、利益方程式、業務プロセス、経営資源をどう設計するかが決め手と主張する。ビジネスモデルの変革に立ち向かう経営者に、有効性の高い多くのヒントを与えてくれる。

阪急コミュニケーションズ 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。