【産業天気図・スーパー/コンビニ】消費回復鈍い。コンビニは新業態の模索続く

10月までスーパーは20カ月、コンビニは15カ月連続で既存店の前年割れが続く。消費回復の動きはあるものの、主に高額品が中心で、食品など大衆消費財については依然単価下落傾向にあるためだ。
 その背景にあるのが過剰出店に伴う競争激化。また、衣料品改革を進めるイトーヨーカ堂(セブン&アイ・ホールディングス<3382.東証>傘下)など、各社とも商品政策の見直しを急ぐが、効果が出るには時間がかかる。スーパー各社は今後も苦戦を強いられそうだ。
 コンビニも既存店の苦戦が続いているうえ、出店についても加盟店のオーナー不足が顕在化しており、今後出店ペースが鈍る可能性がある。業界2位のローソン<2651.東証>が新業態を試すなど、コンビニが成長の踊り場にあることは確か。9月、業界トップのセブン‐イレブン(セブン&アイ傘下)が実施した飲料値下げについても、売り上げの底上げには結びついていない模様。ローソンのような業態見直しの動きは今後も広がる見込みで、コンビニ業界は当面手探りの状況が続きそうだ。
【並木厚憲記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。