【産業天気図・スーパー/コンビニ】消費回復鈍い。コンビニは新業態の模索続く

10月までスーパーは20カ月、コンビニは15カ月連続で既存店の前年割れが続く。消費回復の動きはあるものの、主に高額品が中心で、食品など大衆消費財については依然単価下落傾向にあるためだ。
 その背景にあるのが過剰出店に伴う競争激化。また、衣料品改革を進めるイトーヨーカ堂(セブン&アイ・ホールディングス<3382.東証>傘下)など、各社とも商品政策の見直しを急ぐが、効果が出るには時間がかかる。スーパー各社は今後も苦戦を強いられそうだ。
 コンビニも既存店の苦戦が続いているうえ、出店についても加盟店のオーナー不足が顕在化しており、今後出店ペースが鈍る可能性がある。業界2位のローソン<2651.東証>が新業態を試すなど、コンビニが成長の踊り場にあることは確か。9月、業界トップのセブン‐イレブン(セブン&アイ傘下)が実施した飲料値下げについても、売り上げの底上げには結びついていない模様。ローソンのような業態見直しの動きは今後も広がる見込みで、コンビニ業界は当面手探りの状況が続きそうだ。
【並木厚憲記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT