仕事に効く「断捨離」 やましたひでこ著

仕事に効く「断捨離」 やましたひでこ著

「断捨離」とは、ヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」から取ったもので、目の前の事象と向き合い、一つひとつを断ち、捨て、離れるを繰り返していくことで人生をよりよい方向へと導く発想法。

簡略化して言えば、日常生活に不要なものを捨てる片付け術、整理術のようなものであり、「断捨離」の提唱者である著者が、この考え方をビジネスシーンに応用した。

たとえば、オフィスの机の中に使わない黒色ボールペンが多数眠っていたとする。1本もあれば十分だが、予備として取ってあるのだ。「断捨離」の考え方に従えば、予備は未来への不安の表れだから、それを捨て去れば、精神安定につながる、といった具合である。

角川SSC新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。