仕事に効く「断捨離」 やましたひでこ著

仕事に効く「断捨離」 やましたひでこ著

「断捨離」とは、ヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」から取ったもので、目の前の事象と向き合い、一つひとつを断ち、捨て、離れるを繰り返していくことで人生をよりよい方向へと導く発想法。

簡略化して言えば、日常生活に不要なものを捨てる片付け術、整理術のようなものであり、「断捨離」の提唱者である著者が、この考え方をビジネスシーンに応用した。

たとえば、オフィスの机の中に使わない黒色ボールペンが多数眠っていたとする。1本もあれば十分だが、予備として取ってあるのだ。「断捨離」の考え方に従えば、予備は未来への不安の表れだから、それを捨て去れば、精神安定につながる、といった具合である。

角川SSC新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT