仕事に効く「断捨離」 やましたひでこ著

仕事に効く「断捨離」 やましたひでこ著

「断捨離」とは、ヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」から取ったもので、目の前の事象と向き合い、一つひとつを断ち、捨て、離れるを繰り返していくことで人生をよりよい方向へと導く発想法。

簡略化して言えば、日常生活に不要なものを捨てる片付け術、整理術のようなものであり、「断捨離」の提唱者である著者が、この考え方をビジネスシーンに応用した。

たとえば、オフィスの机の中に使わない黒色ボールペンが多数眠っていたとする。1本もあれば十分だが、予備として取ってあるのだ。「断捨離」の考え方に従えば、予備は未来への不安の表れだから、それを捨て去れば、精神安定につながる、といった具合である。

角川SSC新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。