ジョン・キムのハーバード講義 逆パノプティコン社会の到来 ジョン・キム著

ジョン・キムのハーバード講義 逆パノプティコン社会の到来 ジョン・キム著

パノプティコンは「全展望監視システム」と訳される。18世紀に英国の思想家であるベンサムによって考案された監獄の設計案だ。ウィキリークスやフェイスブックの登場で、監獄で看守塔にいるのは市民、監視されるのが政府と、逆構図の社会が出現しそうだという。

政府や大企業は、情報の占有・統制によって、その権威の構築・維持を図ってきた。だが、情報の透明化が究極まで進むと、既存の権威は崩壊し、新しい権威体制へと再構築される可能性が出てくる。

ウィキリークスやフェイスブック革命の分析を通じて、「完全透明化社会」への動きや「ゲリラ的市民運動」の行方について、デジタルコンテンツの研究者が見通す。

ディスカヴァー携書 1050円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT