ジョン・キムのハーバード講義 逆パノプティコン社会の到来 ジョン・キム著

ジョン・キムのハーバード講義 逆パノプティコン社会の到来 ジョン・キム著

パノプティコンは「全展望監視システム」と訳される。18世紀に英国の思想家であるベンサムによって考案された監獄の設計案だ。ウィキリークスやフェイスブックの登場で、監獄で看守塔にいるのは市民、監視されるのが政府と、逆構図の社会が出現しそうだという。

政府や大企業は、情報の占有・統制によって、その権威の構築・維持を図ってきた。だが、情報の透明化が究極まで進むと、既存の権威は崩壊し、新しい権威体制へと再構築される可能性が出てくる。

ウィキリークスやフェイスブック革命の分析を通じて、「完全透明化社会」への動きや「ゲリラ的市民運動」の行方について、デジタルコンテンツの研究者が見通す。

ディスカヴァー携書 1050円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。