なぜ王室は世界中で愛され続けるのか?--イアン・ブルマ 米バード大学教授/ジャーナリスト


ただし、右派のポピュリストはそうした王室に対し敵意を抱く。オランダの右派ポピュリストの指導者ヘルト・ウィルダースは、ベアトリクス女王を左派であるとか、エリート主義者であるとか、あるいは多文化主義者であると非難している。

彼はオランダを自分たちの手に取り戻し、移民(特にイスラム教徒)を排除し、(意味しているところは不明だが)オランダを再び“ダッチ”にすると約束している。ベアトリクス女王は国民を人種や宗教で差別することを拒否し、寛容と相互理解を訴えている。それが彼には、外国人を甘やかし、イスラム教徒と融和を図っていると見えるのだろう。

ヨーロッパのほかの王室と同じように、オランダの王室の起源はあいまいである。王や女王が国家を代表する人物として登場してきたのは、歴史的には比較的最近のことだ。

王室に対する忠誠心が長く続いている理由は、人種的国家主義の偏狭な考えを超越した王室の伝統に求められるのかもしれない。ヨーロッパでは人種と文化の融合が進んでいる。われわれに残された唯一の道は、共存する方法を学ぶことだ。もし王室が国民にそれを教えることができたとすれば、王室に対してもう一度喝采を送るべきだろう。

Ian Buruma
1951年オランダ生まれ。70~75年にライデン大学で中国文学を、75~77年に日本大学芸術学部で日本映画を学ぶ。2003年より米バード大学教授。著書は『反西洋思想』(新潮新書)、『近代日本の誕生』(クロノス選書)など多数。

(週刊東洋経済2011年5月28日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT