なぜ王室は世界中で愛され続けるのか?--イアン・ブルマ 米バード大学教授/ジャーナリスト


貴族に生まれた人々や、結婚して王族の一員となった人々は、プライバシーがなく、人間関係が歪められ、不条理な礼儀作法に縛られる生活を強いられる。それはあまりに残酷だ。日本の皇后と皇太子妃は民間出身で、共に体を壊している。

映画スターも同様にアルコールやドラッグの犠牲になり、ノイローゼに陥るケースが多いが、彼らは少なくとも自分の生活を自分で選んでいる。だが、王や王妃は自分で自分の生活を選ぶことはできない。チャールズ皇太子は庭師よりははるかに幸せだったかもしれないが、彼には選択肢はまったくなかった。

ヨーロッパの王室に期待される今後の役割

王室が社会や歴史が連続しているという意識を国民に与えていることは確かだ。これは危機や急激な変革の時代には重要である。フランコ将軍の独裁政治が終わった後、スペイン王は国民に社会の安定性と継続性に対する信頼感を与えた。第2次世界大戦中、ヨーロッパの王室はナチスの占領下で国民に希望と統合の意識を与え続けた。

一方で王室には、少数派の間で支持されることが多い、という側面もある。ユダヤ人はオーストリア・ハンガリー帝国の最も忠実な臣民であった。フランツ・ジョセフ一世は、ドイツの反ユダヤ主義者によってユダヤ人が脅威にさらされたとき、彼らのために立ち上がった。彼にとって、ユダヤ人やドイツ人、チェコ人、ハンガリー人は、どこに住んでいようとも彼の臣民であった。人種的国家主義が台頭したとき、これが少数派を守ることになったのだ。

この意味で、王室はイスラム教会やカトリック教会と少し似ている。すべての信者は神や法王、あるいは皇帝の目には平等なのである。それが貧しい人や疎外されている人々の心に訴えかけるのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT