最新ダイエットは縄を振って脂肪を燃やす

全米のジムで「バトルロープ」が大人気

 5月25日、これまで一部のアスリートらが取り入れていたエクササイズ「バトルロープ」は、今ではジムでも主流になりつつある。写真は2013年、ニューヨークで撮影。提供写真(2015年 ロイター/Stephen Meierding)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 全米のジムで大人気のエクササイズ「バトルロープ」をご存じだろうか。これは太い縄を使って身体を鍛えるトレーニング法で、これまでにも一部のアスリートらが取り入れていたが、今では一般の人にも高い効果が期待できる楽しい運動方法として、ジムでも主流になりつつある。

「バトルロープ」で使用するのは、船を係留できるほどに太く重い縄。これを鞭打つように振ったり、打ちつけたりするエクササイズだ。

全米エクササイズ評議会のジョナサン・ロス広報担当者は「上半身で走るような感じ」とし「筋肉を様々な方法で鍛えられる」と語った。

さらに、脂肪燃焼にも効果が見込めそうだ。2015年4月に「ジャーナル・オブ・ストレングス・アンド・コンディショニング・リサーチ」に掲載された調査によると、わずか10分間の運動でも心拍数が上がって十分なエネルギーが消費され、心肺機能が高まる、という。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。