最新ダイエットは縄を振って脂肪を燃やす

全米のジムで「バトルロープ」が大人気

 5月25日、これまで一部のアスリートらが取り入れていたエクササイズ「バトルロープ」は、今ではジムでも主流になりつつある。写真は2013年、ニューヨークで撮影。提供写真(2015年 ロイター/Stephen Meierding)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 全米のジムで大人気のエクササイズ「バトルロープ」をご存じだろうか。これは太い縄を使って身体を鍛えるトレーニング法で、これまでにも一部のアスリートらが取り入れていたが、今では一般の人にも高い効果が期待できる楽しい運動方法として、ジムでも主流になりつつある。

「バトルロープ」で使用するのは、船を係留できるほどに太く重い縄。これを鞭打つように振ったり、打ちつけたりするエクササイズだ。

全米エクササイズ評議会のジョナサン・ロス広報担当者は「上半身で走るような感じ」とし「筋肉を様々な方法で鍛えられる」と語った。

さらに、脂肪燃焼にも効果が見込めそうだ。2015年4月に「ジャーナル・オブ・ストレングス・アンド・コンディショニング・リサーチ」に掲載された調査によると、わずか10分間の運動でも心拍数が上がって十分なエネルギーが消費され、心肺機能が高まる、という。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。