地球クライシス 自然の猛威と人災の狭間で 石弘之著

地球クライシス 自然の猛威と人災の狭間で 石弘之著

今現在、世界で起きている事件の背後に潜む環境問題を、環境ジャーナリストである著者がレポートした。

自然環境の悪化から加速度的に絶滅に追いやられる動物たち。世界のグローバル化に伴って、瞬く間に広がる疫病。人口増で枯渇する食糧や水の問題。あるいは、著者自身が現地取材したチェルノブイリやスリーマイル島の原発事故の実態。

特に、海外から見た東日本大震災に関する見方は注目される。たとえば、日本は唯一の被爆国として世界に核廃絶を訴えながら、狭い国土に50以上の原発を林立させ、事実上「核大国」となっていた、という米紙の指摘などは、内側からは気づきにくい見方だろう。

洋泉社新書y 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。