いま、知らないと絶対損する年金50問50答 太田啓之著

いま、知らないと絶対損する年金50問50答 太田啓之著

「年金は決して破綻しない」「今の年金には弱い立場の人を支えるさまざまな仕組みがあり、今後も十分に実用に耐えるものである」「(民主党の)『抜本改革』は現実性に乏しい」と主張し続けてきた社会保障問題の専門記者が、「年金の本当の姿を伝える」ためにまとめた。

ドイツの公的年金は世界大戦の敗戦を乗り越えた。ほかの欧州諸国の年金も、度重なるインフレなどの経済変動の中、積み立て方式から賦課方式に移行することで危機を克服した。日本の厚生年金も、発足後まもなく敗戦により大きな痛手を受けたが、戦争中に支払った分の保険料も、現在受け取る年金にきちんと反映されている。要はこれからの改革の知恵次第だという。

文春新書 893円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。