いま、知らないと絶対損する年金50問50答 太田啓之著

いま、知らないと絶対損する年金50問50答 太田啓之著

「年金は決して破綻しない」「今の年金には弱い立場の人を支えるさまざまな仕組みがあり、今後も十分に実用に耐えるものである」「(民主党の)『抜本改革』は現実性に乏しい」と主張し続けてきた社会保障問題の専門記者が、「年金の本当の姿を伝える」ためにまとめた。

ドイツの公的年金は世界大戦の敗戦を乗り越えた。ほかの欧州諸国の年金も、度重なるインフレなどの経済変動の中、積み立て方式から賦課方式に移行することで危機を克服した。日本の厚生年金も、発足後まもなく敗戦により大きな痛手を受けたが、戦争中に支払った分の保険料も、現在受け取る年金にきちんと反映されている。要はこれからの改革の知恵次第だという。

文春新書 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT