いま、知らないと絶対損する年金50問50答 太田啓之著

いま、知らないと絶対損する年金50問50答 太田啓之著

「年金は決して破綻しない」「今の年金には弱い立場の人を支えるさまざまな仕組みがあり、今後も十分に実用に耐えるものである」「(民主党の)『抜本改革』は現実性に乏しい」と主張し続けてきた社会保障問題の専門記者が、「年金の本当の姿を伝える」ためにまとめた。

ドイツの公的年金は世界大戦の敗戦を乗り越えた。ほかの欧州諸国の年金も、度重なるインフレなどの経済変動の中、積み立て方式から賦課方式に移行することで危機を克服した。日本の厚生年金も、発足後まもなく敗戦により大きな痛手を受けたが、戦争中に支払った分の保険料も、現在受け取る年金にきちんと反映されている。要はこれからの改革の知恵次第だという。

文春新書 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。