国家破局カウントダウン 日本を救う三つの処方箋 上野泰也著

国家破局カウントダウン 日本を救う三つの処方箋 上野泰也著

“余命”はあと5年前後--著者の日本経済に対する診断だ。マーケットはつねに「先読み」しながら動く性質があるため、それより早く「悪い金利上昇」の時代がやってくるおそれもあるという。

これは資金循環統計(日本銀行)を基にした予測だ。資産と債務残高の「すき間」を埋める国内家計マネーによる国債・地方債消化余力から計算されている。

この試算には、家計金融資産の国外逃避(キャピタルフライト)の大規模な発生や、今までのような資産運用におけるホームバイアスの強さが前提とされている。もしそうでなければ、より早くリスクプレミアムが付加されることになる。

少子化対策、観光立国に加え、移民による滞在人口の増加での経済成長促進が主な処方箋。「この国の運命がこの先どうなるかは、一部の政治家の責任ではなく、参政権を持っている国民の自己責任」として、国民一人ひとりの奮起を促す。

朝日新聞出版 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。