ニッポンの書評 豊崎由美著

ニッポンの書評 豊崎由美著

新聞・雑誌の書評欄はもとより書評ブログやアマゾンのレビューと、今や書評は小説と同じように読み手より書き手のほうが増えている。書評の存在意味とは何なのか。プロの書き手とアマチュアの違いはどこにあるのか。

批評との境目がない英米に比べ、日本の書評は批評とは役割を分ける形で進化してきたと著者は指摘する。批評は対象作品を読んだ後に読むもので、書評は読む前に読むもの。読者の初読の興をなるべくそがないよう、あらすじはどこまで紹介すべきか、ネタばらしは許されるのか。読み物としての書評の面白さはいかにあるべきか。20年近く書評を書き続け、カルチャーセンターで講座も開く著者が自身の書評論を展開する。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT