ニッポンの書評 豊崎由美著

ニッポンの書評 豊崎由美著

新聞・雑誌の書評欄はもとより書評ブログやアマゾンのレビューと、今や書評は小説と同じように読み手より書き手のほうが増えている。書評の存在意味とは何なのか。プロの書き手とアマチュアの違いはどこにあるのか。

批評との境目がない英米に比べ、日本の書評は批評とは役割を分ける形で進化してきたと著者は指摘する。批評は対象作品を読んだ後に読むもので、書評は読む前に読むもの。読者の初読の興をなるべくそがないよう、あらすじはどこまで紹介すべきか、ネタばらしは許されるのか。読み物としての書評の面白さはいかにあるべきか。20年近く書評を書き続け、カルチャーセンターで講座も開く著者が自身の書評論を展開する。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。