環境アセスメントとは何か 対応から戦略へ 原科幸彦著

環境アセスメントとは何か 対応から戦略へ 原科幸彦著

「環境アセスメント」は、日本語で環境影響評価と訳される。土地の改良や建設などの事業の実施に先立ち、開発が環境に与える影響を緩和するために、予測・評価して、環境保全につなげる配慮を行うプロセスのことをいう。

事業者は事前にその事業が環境へ与える影響を調査・公表することが、環境配慮に関して公正な判断をしたというCSRになる。地域住民は、電波障害や日照阻害、景観の変化などについて事前に知ることができる。両者にメリットがあるのだ。

環境アセスメントでは、先進国中、最も遅れているといわれる日本。持続可能な社会を実現するために大事なこの考え方をどう根付かせるか、専門家が論じた。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。