ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 ティナ・シーリグ出演

ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 ティナ・シーリグ出演

「問題はすべてチャンスに変えることができる」を包括テーマに、創造性と起業家精神を学ぶ。DVD付き書籍で、むしろメインは著者の所属する米スタンフォード大学で行われた講義映像。臨場感に富み、かつわかりやすい。

「問題はチャンス」という決まり文句は、起業家やベンチャーキャピタリストの世界では常識として受け入れられているという。問題がなければ、解決策を求めることもなく、企業の存在意義もなくなるからだ。それだけ世界はチャンスに満ちていると考えている。

「5ドルと2時間で稼ぐ方法」が導入課題として提示される。金額、時間の枠にとらわれず柔軟に発想し、その巧拙を実験してみる。失敗を恐れず、試みは素早く、頻繁にすること、「待ち」は論外と。このほかゴムバンドなど四つの具体的な課題で、この取り組み方法の優位性を納得させる。

米国で人気の実践型起業家育成プログラムのさわりを体験することができる。

宝島社 1470円 54分DVD付き

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。