箱庭図書館 乙一著

箱庭図書館 乙一著

ウェブ文芸として企画された「オツイチ小説再生工場」から生まれたユニークな短編小説集。ボツになった小説が読者から送られてきて、それらを著者が自由にリメイクする、というのはアマとプロの共同作業のようなものだが、意外によい味わいが生まれた。ボツ原稿の筋書き、登場人物の味わい、筆者の思いといった、いわば小説のパーツを素材にして巧妙、多彩に手を入れたのが、語り口と仕掛けの巧みな乙一だったのが成功の原因である。

オカルト風、ギャグ調、スリラーなど、一筋縄ではいかない物語が六つ。高校文芸部での小説ごっこといびり合いの顛末、どんでん返しが楽しめるコンビニ強盗始末、鍵と鍵穴が主役の犯罪事件、雪の上の足跡が紡ぐ不思議な平行世界(パラレルワールド)。無関係と見えた物語の舞台が文善寺町という平凡な小都市に収斂し、登場人物までしだいに重なってくる趣向は面白い。全編に青春がはじけるかのような余韻がウェブ時代にぴたり合う。(純)

集英社 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。