シャープ"延命策"には課題が山積している

ニューマネーの不足が決定的

会見後、記者に囲まれるシャープの高橋興三社長(写真:ロイター/アフロ)

年初来安値更新――。これが5月14日に新中期経営計画を発表したシャープに突きつけた、株式市場の評価だった。

シャープは2015年3月期決算で連結営業損益が480億円の赤字、連結当期純損益が2223億円の赤字となっため、2014年3月期末時点で2071億円あった純資産が全額飛び、債務超過転落の可能性もあった。

単体決算は59億円の債務超過

だが、為替換算調整や退職給付調整といった包括利益部分が580億円弱改善したため、連結純資産は445億円と、何とか債務超過転落は回避した。しかし単体の状況はより深刻で59億円の債務超過である。

シャープは3500人の希望退職やカンパニー制度への移行、成長分野への資源集中などにより、営業利益を今期(2016年3月期)で800億円、2018年3月期で1200億円とする計画を立てているが、「不採算事業の縮小策が踏み込み不足、成長シナリオが十分に示されていない」といった指摘が専門家から出ている。

中でも今期計画については、480億円の赤字だった営業損益を800億円の黒字へと、実に1280億円も改善させる計画でありながら、その内訳を見る限り、実現可能性を信じられる内容とは言いがたいものなのだ。

次ページ前期の赤字の要因は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT