森林異変 日本の林業に未来はあるか 田中淳夫著

森林異変 日本の林業に未来はあるか 田中淳夫著

現在、日本の森林は壊滅的な状態にあるという。国産材需要の高まりで大規模な伐採が行われたまま放置されるはげ山。あるいは間伐などの管理が放棄されたために、木が茂りすぎ荒れ放題となる森林。

伐採だけでは、森は荒れる一方だ。最悪の場合は災害にもつながる。この状況を打開するには、伐採と造林(植林と育林)をセットに考えなければならない。1本の木を出荷するまでには、数十年の歳月がかかる。ところが、人間は目先の利益を求めるあまり、森を荒らしてしまった。

日本の森、そして林業界と国産木材業界に今、何が起きているのか。森林ジャーナリストが実際に山村を訪ね、林業現場をつぶさに見たルポルタージュ。

平凡社新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。