森林異変 日本の林業に未来はあるか 田中淳夫著

森林異変 日本の林業に未来はあるか 田中淳夫著

現在、日本の森林は壊滅的な状態にあるという。国産材需要の高まりで大規模な伐採が行われたまま放置されるはげ山。あるいは間伐などの管理が放棄されたために、木が茂りすぎ荒れ放題となる森林。

伐採だけでは、森は荒れる一方だ。最悪の場合は災害にもつながる。この状況を打開するには、伐採と造林(植林と育林)をセットに考えなければならない。1本の木を出荷するまでには、数十年の歳月がかかる。ところが、人間は目先の利益を求めるあまり、森を荒らしてしまった。

日本の森、そして林業界と国産木材業界に今、何が起きているのか。森林ジャーナリストが実際に山村を訪ね、林業現場をつぶさに見たルポルタージュ。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT