森林異変 日本の林業に未来はあるか 田中淳夫著

森林異変 日本の林業に未来はあるか 田中淳夫著

現在、日本の森林は壊滅的な状態にあるという。国産材需要の高まりで大規模な伐採が行われたまま放置されるはげ山。あるいは間伐などの管理が放棄されたために、木が茂りすぎ荒れ放題となる森林。

伐採だけでは、森は荒れる一方だ。最悪の場合は災害にもつながる。この状況を打開するには、伐採と造林(植林と育林)をセットに考えなければならない。1本の木を出荷するまでには、数十年の歳月がかかる。ところが、人間は目先の利益を求めるあまり、森を荒らしてしまった。

日本の森、そして林業界と国産木材業界に今、何が起きているのか。森林ジャーナリストが実際に山村を訪ね、林業現場をつぶさに見たルポルタージュ。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT