【産業天気図・非鉄金属】金・銀・銅が上昇し各社恩恵受ける。06年も展望明るい

非鉄金属業界は絶好調である。まず銅はLME(ロンドン金属取引所)で最高値にあるうえ、鉱石価格が下がり、結果として精錬マージンが拡大している。この恩恵を受けているのは、住友金属鉱山<5713.東証>、新日鉱HD<5016.東証>、古河機械金属<5715.東証>、同和鉱業<5714.東証>である。
 金、銀も上昇。この恩恵を受けているのは住友金属鉱山、同和鉱業である。
 さらに亜鉛も上昇している。ただ、亜鉛は需給逼迫で鉱石価格も上昇しているので、精錬マージンは縮小しているが、利益の絶対額は増えている。この恩恵を受けているのが、東邦亜鉛<5707.東証>である。
 金属チタンは米国で航空機生産が盛り上がり、世界的に需給が逼迫している。世界的に高品質の金属チタンを外販で供給できるのは、日本の住友チタニウム<5726.東証>、東邦チタニウム<5727.東証>、それにカザフスタンの1社の3社しかなく、住友、東邦とも増産と価格上昇で空前の利益になる見込みだ。
 投機マネーが原油を押し上げたが、その物色対象が銅、金、銀など非鉄に向かっている。まだこの流れは続こう。2007年3月期も鉱石高の亜鉛を除くと、環境は明るい。
【内田通夫記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。