ゴディバの「630円モーニング」に震え上がった朝 高級感とお得さが両立、マーケ施策としても機能

✎ 1〜 ✎ 36 ✎ 37 ✎ 38 ✎ 最新
拡大
縮小
モーニング
今回は「ゴディバ カフェ」をご紹介します(筆者撮影)
この記事の画像を見る(14枚)
喫茶店やレストランが、朝の時間帯にドリンクやトーストなどのメニューを割安価格で提供するモーニングサービス。名古屋の喫茶店が始めた文化とされていますが、最近では大手外食チェーンも数多く提供しています。
そんなチェーン店の外食モーニングをこよなく愛するブロガー、大木奈ハル子さんがお届けする本連載。第37回となる今回、訪れたのは「ゴディバ カフェ」です。
本連載は毎週配信です。著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。
この連載の記事一覧はこちら

ひそかに飲食チェーンがしのぎを削っているジャンル、それがモーニングです。集客の弱い時間帯である午前中の売り上げを強化すべく、朝の数時間だけ提供される限定メニューの数々は、コスパ抜群かつ店の特色が強く表れ、どれも魅力にあふれています。

今回ご紹介するのは、高級チョコレートの代名詞「ゴディバ」のモーニングセット。2023年4月より「ゴディバ カフェ」の一部店舗にて、販売を開始した新メニューです。

ベルギーワッフルのモーニングセットが税込630円、クレープのモーニングセットが税込730円と、朝限定メニューならではの、お得な内容となっていました。

ゴディバの新業態ゴディバ カフェは2020年にスタート

ゴディバ カフェは駅チカを中心に10店舗を展開(筆者撮影)

ゴディバの日本事業は、2019年に投資ファンドMBKパートナーズに売却されて以降、新業態を次々と発表しています。攻めの一手、イケイケという印象です。

2020年に「ゴディバ カフェ(GODIVA café)」を開店したのを皮切りに、2022年には、ショッピングモール内でクレープを販売する「GODIVA dessert(ゴディバ デザート)」、2023年には、駅構内で手土産にぴったりなワッフルやプリンを販売する「GODIVA GO!(ゴディバ ゴー)」をオープンしています。

次ページゴディバカフェのモーニングは2種類から選べる
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT