名字でわかる日本人の履歴書 森岡浩著

名字でわかる日本人の履歴書 森岡浩著

日本一多い名字は「佐藤」、2位は「鈴木」だが、この二つは東日本に特に多く、西日本では「田中」「山本」が上回るという。名字の種類は東日本で少なく、西日本で多い。これは歴史の長さと人口密度に由来するのではないかと姓氏研究家の著者は推測する。中世以前の日本の中心は近畿地方であり、人口密度は西日本のほうが圧倒的に高かったため名字が増えていったのではないかというのだ。

名字には歴史を伝えるメッセージが込められている。その成立や地理的分布を考えることで、単に個々の名字のルーツにとどまらず、史実や当時の文化的背景までもが見えてくる。名字に秘められた、日本人の2000年に及ぶ「履歴」を探る。

講談社+α新書 880円

  

関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。