日本を変えた昭和史七大事件 保阪正康著

日本を変えた昭和史七大事件 保阪正康著

本書の七大事件とは、「5・15事件」「2・26事件」「太平洋戦争」「敗戦と占領」「60年安保」「三島事件」「ロッキード事件」のこと。特徴的なのは、ただ単にその概要を解説するのではなく、その事件の「因」と「果」を見つめることで、事件が歴史の中でどう位置づけられるかを分析していることにある。

60年安保闘争の場合は、当時の政治に対する国民の生理的嫌悪感を「因」とし、その「果」は現在、マスコミが頻繁に行う内閣支持率の世論調査の結果が簡単に政局に結び付いてしまうという形で表れている、と説く。

ノンフィクション作家である著者が、歴史的事件を語りながら、日本人のメンタリティをも浮き彫りにする。

角川ONEテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。