日本を変えた昭和史七大事件 保阪正康著

日本を変えた昭和史七大事件 保阪正康著

本書の七大事件とは、「5・15事件」「2・26事件」「太平洋戦争」「敗戦と占領」「60年安保」「三島事件」「ロッキード事件」のこと。特徴的なのは、ただ単にその概要を解説するのではなく、その事件の「因」と「果」を見つめることで、事件が歴史の中でどう位置づけられるかを分析していることにある。

60年安保闘争の場合は、当時の政治に対する国民の生理的嫌悪感を「因」とし、その「果」は現在、マスコミが頻繁に行う内閣支持率の世論調査の結果が簡単に政局に結び付いてしまうという形で表れている、と説く。

ノンフィクション作家である著者が、歴史的事件を語りながら、日本人のメンタリティをも浮き彫りにする。

角川ONEテーマ21 760円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?