減税論 「増税やむなし」のデタラメ 河村たかし著

減税論 「増税やむなし」のデタラメ 河村たかし著

減税に対する市議会との対立から市長を辞任、今年2月に再選された名古屋市長による世直し論。日本の国債発行残高の大きさが問題視され、破綻したギリシャを例にして財政危機の深刻さを強調し、消費税率アップは必要との声がある中、著者はその論理を一蹴。増税は日本を破綻させると説く。

増税すれば、国民はますます財布のひもを締め、民間企業の活力がなくなる。むしろ、減税して消費を刺激し、おカネを回すことで経済を活性化させる政策を強調。昨年、市民税を10%下げた名古屋市の実績を紹介しながら、減税政策の仕組みを展開する。

併せて、利権をむさぼる政治家や官僚らがいかに減税を恐れるかも活写している。

幻冬舎新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。