地図で読む戦争の時代 今尾恵介著

地図で読む戦争の時代 今尾恵介著

戦争と地図とは深くかかわっている。攻撃する側は詳細情報を必要とし、守る側は機密化して隠そうとする。日本でも工場や軍港、飛行場の情報は極秘扱いとなり、一般の地図からは抹消された。地形を読まれないようにその近くの等高線は消されてのっぺりした林に化けている。鉄路の様相も含め地図は平時とは様変わりした。旧植民地も含めて改ざんによる地図の変貌ぶりが、戦前・戦中・戦後の複数の地図を比較しつつ解読されるのだが、戦争の裏面史としても面白い。

改変あるいは消滅した新旧の地図情報を比較しつつ空想をめぐらすのは、地図好きは言うまでもなく、一般の読者にも興趣は尽きないだろう。戦争にうそはつきものとはいえ、地図作成の専門家たちが改ざん命令に消極的抵抗を行い、いい加減な修正作業をした痕跡が再三指摘されるのも興味深い。望蜀ながら、消された軍関連施設が米軍機の爆撃から無事だったか壊滅したかも知りたくなる。(純)

白水社 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT