連休明けの「マーケットの波乱」に注意せよ 世界でジワジワと忍び寄る「不安」とは?

印刷
A
A

最も目を引くのは、米国長期金利の動きだ。前述のように、足元発表される経済指標が弱いにもかかわらず、10年国債利回りは、じわじわと2%台に上昇し(国債価格は下落し)、前週末の金曜日(5月1日)は2.1%を超えて引けた。

すなわち、とうとう米株安や米ドル安に加えて、米国債安も始まってきた。今はまだ動きは大きくないが、そのうち米国市場のトリプル安が地滑りのように発生し、それに日本市場も巻き込まれる展開は否定できなくなってきた。

そうしたなか、今週連休明け(5月7日(木)~8日(金))の日経平均は、連休中の米国株・円相場の動向によっては、かなり上下に跳ぶ可能性が高く、1万9300~1万9900円と広いレンジを見込む。

もし調整があっても、狼狽売りはするな

ただし、繰り返しになるが、日米等の経済状況に深刻な悪化が生じているわけではない。大きな市場波乱の「本尊」は、米国市場が、買われ過ぎから適正水準へいったん修正することに過ぎない。そうした修正が、大幅なものであっても終ってしまえば、その後は再び内外経済実態の改善に沿った、世界的な株高基調が戻ってこよう。

とすれば、世界的に株価が大きく下落した局面は、買い場である。ただし、買い場で投資できる現金を持っていなければならない。そのため、高値での株式の現金化を、前回から勧めているわけだ。

もちろん、長期的には株価上昇基調に復すると考えているので、数年単位で株式を保有しようという投資家は、何もあわてる必要はなく、そのまま株式を保有していてもよい。毎月積立で、株式投信などを買っている投資家も、特に何もする必要はないだろう。

株価の大幅下落が起こってから、「世界の株式市場は地獄に落ちる」などの発言に惑わされ、慌てて最安値で株式を売ってしまう、ということだけはしないで欲しいと思う。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT