東証プライムから新規50社超の「脱落危機」リスト 流通株式時価総額「100億円」の高い壁

拡大
縮小
上場維持基準
プライム市場の上場維持基準を満たさない企業が続々と出現している(撮影:今井康一)

東京証券取引所のプライム市場から「脱落」しかねない企業が、じわりと増えている。

東証はプライム市場の上場を維持する条件として、時価総額や流通株式比率などに基準を設けている。決算期末時点で上場維持基準に適合していない企業は、改善計画書を策定・公表する必要がある。

2022年4月のプライム市場発足時点で、296社が基準に適合していなかった。3月期決算企業の場合、2026年3月末時点で不適合のままなら上場廃止予備軍である「監理銘柄」に指定され、最短で同年9月にも上場廃止となる。

そして2023年に入り、少なくとも57社が新たに上場維持基準に適合しない状態となり、計画書を策定・公表したことが東洋経済の調査でわかった。不適合の理由として最も多いのは流通株式時価総額。昨年のプライム市場移行時点では基準に適合していたが、その後株価が下落したことで基準を下回った。なお、スタンダード・グロース市場では、少なくとも68社が今年1月から6月末までに新たに上場維持基準に抵触し、計画書を提出した(業績不振・不正で「基準不適合」入りの68社リスト)。

店舗開発を手掛けるフィル・カンパニーは、プライム市場への移行時点では上場維持基準に適合していたが、2022年11月決算時点では流通株式時価総額が一転して不適合となった。2021年に2000円台で推移していた同社の株価は、2022年に入ると1000円前後をうろつくようになり、流通株式時価総額が36.6億円まで縮小した。

次に抵触した企業が多かったのは流通株式比率だ。発行済み株式から大株主や取引先、役員などが保有する流動性の低い株式を除いた割合を指す。液晶パネル大手・ジャパンディスプレイは、金融支援を目的に支配株主に対して第三者割当増資を行った。その結果、筆頭株主の保有比率が急上昇し、流通株式比率が14.6%まで低下し上場維持基準に抵触した。同社は経営再建を進め、大株主に株式の売却を促す。

流通株式比率の不適合理由はさまざまだ。日産車体は3月末時点で流通株式比率が16%にとどまった。原因は大株主のエフィッシモ・キャピタル・マネジメントが保有する約23%の株式が、突如として流通株式から除外されたためだ。

次ページ流通株式比率の落とし穴
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT