旧車を冷遇する日本と優遇するアメリカの差 ヒストリカル・ビークル・ライセンスってなに

拡大
縮小
フェアレディZ
こちらは北米仕様の「ダットサン240Z」ではなく、日本仕様の1971年式「フェアレディZ」をアメリカでフルレストアした車両。隅々まで手の入った完成度が評価され、JCCS2022のベスト240Zアワードを獲得していた(写真:平野 陽)

歴史的価値の高い旧車に対して税制面での優遇のあるアメリカ。その代表例が「ヒストリカル・ビークル・ライセンス」。古いクルマほど課税が重くなる日本とは真逆とも言える制度だ。今回は、アメリカの自動車文化や登録制度も交えて「ヒストリカル・ビークル・ライセンス」を紹介したい。

この記事の画像を見る(15枚)

ヒストリカル・ビークル・ライセンスについて

ヒストリカル・ビークル・ライセンス
このフェアレディZのナンバープレートは、カリフォルニア州のヒストリカル・ビークル・ライセンスになっていた。白地に赤い文字のシンプルなデザインで、“HISTORICAL VEHICLE”と書かれているのが特徴(写真:平野 陽)

自動車に付いているナンバープレート。アメリカでは州ごとにデザインが異なり、その州の特徴を図案化していたり、カラフルな背景を採用していたりするものも多い。また、「ヴァニティ・プレート」とか「パーソナライズド・プレート」と呼ばれる、日本で言うところの希望ナンバーも古くから制度化されており、人によってはクルマの年式や車名で登録を行うなど、ナンバーを通してクルマに対する愛着が表現されていたりする。

カローラレビン
ハチロクの愛称で知られるトヨタの「カローラレビン」および「スプリンタートレノ」。アメリカでの車名は「カローラGT-S」といい、本来はスプリンタートレノと同じリトラクタブルヘッドライトを装着。こちらの1985年式の車両は、オーナーの好みで日本仕様のカローラレビンのバンパーやヘッドライトを用いた顔面移植が施されている(写真:平野 陽)
カリフォルニア州のヒストリカル・ビークル・ライセンス
こちらもカリフォルニア州のヒストリカル・ビークル・ライセンスを装着。車齢25年以上という条件は2023年を起点にすると1998年以前が該当するので、意外と新しめ(?)な印象のモデルも対象に含まれてくる(写真:平野 陽)

また、それとは別に、クルマが持つ文化的側面にフォーカスしたユニークな登録制度も存在する。それが一般的に「ヒストリカル・ビークル・ライセンス」と呼ばれる制度だ。呼び名や内容は州によって微妙に異なるが、全米50州で採用されており、基本的には製造から一定期間を経た歴史的に価値のあるクルマを、一定の条件下で登録するにあたって登録費用を減免する、という点で共通している。

毎年カリフォルニア州で開催されている日本の旧車愛好家イベント「Japanese Classic Car Show(以下JCCS)」の会場を歩いていても、各州のヒストリカル・ビークル・ライセンスを付けた車両を見かけることがある。そのプレートもまた州ごとにデザインや文言が異なり、ちゃんとレトロな雰囲気も再現されていて、どれもなかなかかっこいい。

次ページヒストリカル・ビークルとして登録すると維持費も安くなる?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT