〈麻薬〉のすべて 船山信次著

〈麻薬〉のすべて 船山信次著

有名人による事件が続いたこともあって、麻薬や覚せい剤といった薬物への関心が高まっている。しかし薬物の名前くらいは知っていても、確かな知識を持っている人はどれだけいるだろうか。麻薬、覚せい剤、大麻の違いを説明できる人も多くはないはずだ。麻薬とは本来、薬物の中で麻酔性と習慣性のあるものが分類されたにすぎない。これが乱用薬物や依存性薬物になるのは、そこに人間が介在するからだと、薬学博士である著者は指摘する。

麻薬とは何なのか。いたずらに面白がったりこわがったりするのではなく、その功罪について正確な知識を持ったうえで「正当にこわがる」べきと、博物学的な観点から「麻薬のすべて」を教える。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。