〈麻薬〉のすべて 船山信次著

〈麻薬〉のすべて 船山信次著

有名人による事件が続いたこともあって、麻薬や覚せい剤といった薬物への関心が高まっている。しかし薬物の名前くらいは知っていても、確かな知識を持っている人はどれだけいるだろうか。麻薬、覚せい剤、大麻の違いを説明できる人も多くはないはずだ。麻薬とは本来、薬物の中で麻酔性と習慣性のあるものが分類されたにすぎない。これが乱用薬物や依存性薬物になるのは、そこに人間が介在するからだと、薬学博士である著者は指摘する。

麻薬とは何なのか。いたずらに面白がったりこわがったりするのではなく、その功罪について正確な知識を持ったうえで「正当にこわがる」べきと、博物学的な観点から「麻薬のすべて」を教える。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。