「デリカミニ」乗ってわかったホントのところ キャラ推しでも走りはしっかりデキは上々

✎ 1〜 ✎ 53 ✎ 54 ✎ 55 ✎ 最新
拡大
縮小
ホイールハウスまわりをブラックアウトしてリフトアップ感を演出。SUVテイストに仕立てている(筆者撮影)

軽自動車の市場が拡大する中、三菱自動車が2023年5月25日に「デリカミニ」を投入した。全高1830mmに達する「スーパーハイトワゴン」で、4WDに力が入っているのも特徴だ。

この記事の画像を見る(11枚)

アウトドアを楽しむ層へのアピールを狙っているといい、SUVテイストがデザインに活かされている。開発者は「デリカらしい力強い走りを強調したかった」と言う。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

「デリカ」と聞けばピンとくる、三菱車ファンへの浸透を狙ったコンセプトだろう。せっかくのアセット(財産)を活用しない手はない。マーケティングの常道だ。

でも現在のデリカ、「デリカD:5」はデリカミニとは、コンセプトがあきらかに異なる。こちらは3列シートのミニバンだし、パワートレインはディーゼルだ。

ただし、未舗装路面を走破して家族とキャンプ場へ……といったイメージ訴求において、両車には共通点があるだろう。オーバーランダー(自動車でのキャンプを楽しむ人)がターゲットという点では、デリカD:5とデリカミニのコンセプトは近いと見えるのだ。

愛らしい顔つきがキャラクターを象徴

デリカD:5は、今の三菱自における旗頭的存在だけど、少なくともスタイリングの面では、デリカミニのほうが、より万人ウケしそうだ。

半円形のヘッドランプに、牙のように見えなくもない三菱車に共通のデザインテーマである「ダイナミックシールド」の特徴的なフロントマスクを持つ、デリカミニ。

「にらまられている感」のあるのフェイスが逆に信頼感を醸成か(筆者撮影)

三菱では、フロントマスクを動物に見立てて、「デリ丸。」という犬(のような)キャラを広告に使っている。なんで犬の“ような”というかは、「カレはデリカミニの化身。(犬かどうかは不明)」と、三菱自動車のwebサイトで説明されているからだ。

フロントマスクのイメージは、大小デリカで大きく異なる。デリカミニは、昨今の三菱車のなかでは、愛らしくもある顔つきで、それが「販売好調」(広報部)の理由ではないかと推測できる。

重心はそれほど低くないはずだが、見た目に反してコーナリングなどでも安定感がある(筆者撮影)

三菱の軽自動車には「eK」シリーズがあり、ヒンジドアの「ekワゴン」やスライドドアのスーパーハイトワゴン「ekスペース」、日産との共同開発でピュアEVの設定もある「ekクロス」……と、いろんなeKがある。

デリカミニは、SUVテイストのスーパーハイトワゴン「ekクロススペース」に代わって登場したクルマで、スライドドアと広い室内も、セリングポイントのひとつだ。

次ページパッケージングとエンジニアはどうか?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT