遺伝性疾患だらけ「ミックス犬姉妹」背負った運命 人気犬種ランキング入りも、悪徳業者が絶えず

拡大
縮小
多くの遺伝性疾患を持つミックス犬の姉妹(写真:飼い主提供)

ペット保険を提供するアニコム損害保険の「人気犬種ランキング2023」によると、1位は14年連続でトイ・プードル、そして2位には初めてミックス犬がランクインしたそうです。

ミックス犬とは、異なる純血犬種同士を親に持つハーフ犬のことをいいます。「マルプー(マルチーズ×トイ・プードル)」「チワックス(チワワ×ミニチュア・ダックスフント)」「ダップー(ミニチュア・ダックスフント×トイ・プードル)」など、それぞれの愛称で親しまれ、2009年ごろから徐々に人気が出てきました。

珍しい掛け合わせになると、純血種より高額で販売されていることもあります。欧米においてそれはハイブリッド犬種と呼ばれて、1960年代後半に誕生していますが、そこには「正式な犬種として認可を受ける」という目的があり、それに向けたゆるぎない努力が見られます。

しかし、日本においては目的を持たない乱繁殖が行われ、流行の陰には金儲けに走る「悪徳ブリーダー」が潜んでいるのです。

両親の遺伝性疾患を引き継ぐ

兵庫県西宮市に住むYさんは、現在12歳になるキャバプー(キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル×トイ・プードル)の姉妹を飼っています。たかちゃん、のぶちゃんと名付けられたこの姉妹は、認知症になってしまった飼い主から保護された子たちで、生後8カ月くらいでYさん宅にやってきました。

元の飼い主は軽度の認知症を患っていましたが、「1人暮らしで寂しいから」と、姉妹をペットショップから迎えました。

しばらくして認知症が進行し、飼育が困難になりました。近所の人が異変を感じて家を訪ねたところ、姉妹はドッグフードの袋をみずから破って食べているような飼育放棄の状態。早期に保護されたことは、不幸中の幸いでした。

しかし、姉妹はいくつかの健康上の問題を抱えていることが、成長とともに明らかになっていくのでした。

たかちゃんは保護したときから足首の関節が脱臼しやすく、普通に座ることができません。獣医師に診てもらいましたが、「これは生まれつきで手術は難しい」という診断でした。

次ページ2歳で膝の遺伝病を発症
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT