関東各地の放射線量は、減少傾向から横ばい傾向に

関東各地の放射線量は、減少傾向から横ばい傾向に

文部科学省のまとめによると、関東各地の放射線量は減少傾向から横ばい傾向になってきている。4月11日の夕~夜に降雨によって一時的に上昇しているが、その後はほぼ横ばいの状況だ。

これは半減期が8日間と短いヨウ素131の影響が大きく減り、半減期が30年と長いセシウム137の影響が相対的に大きくなってきているためと思われる。

大きな上昇は見られないので、福島第一原発から新たに大きな放射性物質の放出はないようだ。

茨城県を除く各地はほぼ平常の範囲内、茨城県も平常の2倍程度にまで下がっている。しかし、福島県双葉郡は2.1マイクロシーベルトと非常に高い値のまま減少ペースが鈍っているのが気掛かりだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。