勝つ投資信託 良いファンド悪いファンドの見分け方 神戸孝著

勝つ投資信託 良いファンド悪いファンドの見分け方 神戸孝著

ファイナンシャルプランナーの著者が、投資信託の仕組みや効果的な運用法、よい投信と悪い投信の見分け方などを初心者向けにわかりやすく解説した入門書。

特に、個人投資家にとって難しい個別金融商品の選び方については、「シャープレシオ」という指標を使う方法を推奨している。シャープレシオとは、取ったリスクに対してどれだけのリターン(収益率)を上げたかを数値化したもの。この手法を用いて、日本株式、先進国の株式と国債、新興国の株式と国債、REITなど、実際の商品を明確に比較検討してみせる。

またライフステージ別のポートフォリオの作り方、話題のETFについては1章を立てて活用法を紹介する。

朝日新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。