世界最悪となった福島第一原発事故、終息に向けてとられている体制とは

世界最悪となった福島第一原発事故、終息に向けてとられている体制とは

ついに政府自身もチェルノブイリと同等の深刻な事故と認めるに至った福島第一原子力発電所の事故。未だに終息に向けたはっきりとした道筋はみえていない。
 
 世界最悪の原発事故終息に向けてどのような体制が取られているのだろうか。首相官邸が4月11日に発表した資料から見てみる。
 
 資料によると、福島第一原発には、東京電力により、約500人の人員と、コンクリートポンプ車、ポンプ車、遠隔操作無人重機などが配備されているほか、消防車両が、東京消防庁・神戸市消防から合計23両配置されている。
 
 また、福島第二原発には東電が586人、発電機車15台、ポンプ車2台を配置。近傍にあるサッカーナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」に自衛隊が、人員106人、消防車12両、除染車6両、さらに戦車も2両を配置している。
 
 原発を取り囲む形で、いわき市、郡山市、田村市、川俣町、二本松市、福島市、南相馬市の駐屯地、保健所などに、自衛隊員と除染車が数多く配置されている。
 
 一刻も早い終息を願わずにはいられない。
 
[図をクリックで拡大]

出所:首相官邸

写真:福島第一原発三号機建屋 4月10日 東京電力提供

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT