プロが出す「ChatGPT」への優れた“指示"の中身 「AIスキル」こそ新時代の教養である

拡大
縮小
「AIを使いこなす人になる」ために必要なこととは(写真:zon/PIXTA)
ChatGPT、Midjourney、Stable Diffusionなどの「生成AI」に注目が集まり、空前のAIブームが到来している。これまでのAIは、一部の専門家やテクノロジー好きの人たちが有する「専門知識(教養)」だった。しかし、これからは違う。
「自分の生産性を上げることに、AIは、いかに寄与しうるか。この点を理解し、実際に活用できるようになれば、AIはもはや未知なるテクノロジーではなく、『便利なツール』です。有能な『アシスタント』『伴走者』『パートナー』になります」と、株式会社デジタルガレージ共同創業者で、自身も次世代AIの研究に取り組む伊藤穰一氏は語る。伊藤氏の新刊『AI DRIVEN AIで進化する人類の働き方』から、「AIを使いこなす人になる」ために必要なこととは何かを聞いた。

理解できれば、「AI」は「ツール」に変わる

AIの歴史はインターネットの誕生よりも前に始まりました。以来、「AI」とは、「いずれ完成した暁には人間を超えてしまうであろう、開発途中の未知のテクノロジー」として認知されてきました。これはちょっと不思議な言い方になりますが、「現在のテクノロジーでは、まだできないこと」を「AI」と総称してきた、という見方もできます。

しかし現実問題として、AIはまだ「完成していない」「未知なるもの」なのかといえば、そんなことはありません。AIは様々な実用レベルで完成しており、僕たちの生活の至るところで使われています。

それを明確に「AI」として意識している人が少ないのは、「できなかったこと」ができるようになり、ツールとして実装されたAIは、そうなった時点で「AI」とは呼ばれなくなるからでしょう。

つまり、「ツール」になったとたんに別の名前を与えられるため、「AI」はいつまで経っても「未知のテクノロジー」であり続けるというわけです。

昨今、急激に利用者が増えつつあるChatGPTも、みんな、初めて触れてからしばらくの間は「最新のAIがすごい!」と、使うたびに驚きの連続ですが、きっと、あっという間に慣れて、当たり前になっていくでしょう。

そして人間社会に浸透しきったころには、おそらく新しい呼び名がついて、「AI」とは認識されなくなると思います。

次ページAIが進化するにつれて「AIの定義」は少しずつ変わる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT