日本の自動車メーカー、回復への長い道のり《ムーディーズの業界分析》


4. ホンダ(A1、安定的):ホンダの業績は多くの競合他社比で強固に推移してきた。同社は多くの工場の操業を4月4日まで停止したが、現在の格付けの範囲内でその影響に対応できる余地がある。

5. 日産自動車(Baa2、格上げ方向で見直し):日産の業績は回復しており、ムーディーズは震災前に、同社の格付けを引き上げ方向で見直しの対象としていた。日産の工場の多くは、海外の組立工場向け部品の生産を一部再開しているが、国内向け製品の組み立ては3月24日まで停止している。被災地域に所在するいわき工場では、復旧作業のために時間を要しているため、生産停止が続くとみられる。震災に伴う問題により、同社の格上げが遅れる、あるいは行われなくなる可能性はあるものの、現在のところ、格下げは見込んでいない。

直接的被害は限定的

これらの自動車メーカーの大半は、震災により組み立てラインの一部で被害を受けたが、その被害は、工場設備の大規模な損壊といったものではなく、壁や天井の倒壊、あるいは電力不足によるものである。したがって、多くの場合、各社は迅速に復旧を進めることが可能、としている。いずれのメーカーも、津波や、それによる福島原発事故による、長期的かつ直接的な被害を受けてはいない。一方、ホンダは、部品調達先の操業停止により、一部工場の生産再開を4月まで延期する、としている。

自動車メーカーの主要組立工場に対する物理的被害はそれほど大きくなく、長期にわたって生産能力が損なわれるとは考えにくい。次のとおり、これらの自動車メーカーの組立工場は、被災地域の南に所在している。

[+]画像拡大


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。