政府は、ほんとうに震災被害の現状把握ができているのか?


 民主党政権は政治主導を全面に掲げた。菅直人政権も(首相)官邸主導を強調している。そうした中で、中央省庁との歯車がかみ合わず、中央省庁とすれば、政治主導の下で「勝手な動きはとれない」という事情も働いている。

現に、「政治主導」の官邸からは、「現地調査を急げという指示は一向に発せられない」とある官庁幹部は言う。

ちなみに、中央省庁には宮城県仙台市に東北局がある。岩手、福島には事務所が設置されているが、仙台の東北局は農水局のようにビルが全壊してしまったようなケースもある。そこまでいかなくても、なにがしかの被害は受けており、平時のような活動を果たしにくい環境にある。事務所も日々の業務に追いまくられて、本格的な現状調査を実施する余裕はないにちがいない。

つまり、震災発生から現在まで、菅政権下では被災地の詳細な把握はできていないことになる。それでいながら、「復興」の言葉だけが政府中枢で飛び交っているのが現状だ。有効な政策の策定・実施という面では、先行きを心配せざるを得ない状況にある。
(浪川 攻 撮影:梅谷 秀司 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT