中国アリババ、「クラウド大幅値下げ」敢行の思惑 利用のハードル引き下げ、ユーザー数拡大狙う

✎ 1〜 ✎ 1224 ✎ 1225 ✎ 1226 ✎ 最新
拡大
縮小
アリババクラウドは「強力な計算力を誰もが使えるようにする」との目標を掲げる。写真は4月11日に開催されたイベントに登壇した張勇CEO(アリババクラウドのウェブサイトより)

中国のクラウド・コンピューティング市場の競争が激化するなか、最大手の阿里雲(アリババクラウド)が大胆な値下げに打って出た。4月26日に開催した事業パートナー向けのイベントで、主要サービスの価格を15~50%も引き下げると宣言したのだ。

アリババクラウドは同時に、「飛天無料トライアルプラン」と呼ぶキャンペーンも開始した。クラウド・アプリケーションの開発者を対象に、アリババクラウドが提供する50種類のサービスを最大3カ月間無料で試用できるというものだ。

「中国のIT普及率はアメリカに比べて大幅に低い。(企業などの)IT支出の内訳を見ても、クラウド化の進捗はアメリカに大きく後れをとっている」。アリババクラウドの親会社、阿里巴巴集団(アリババグループ)の董事会主席兼CEO(会長兼最高経営責任者)を務める張勇氏は、上述のイベントでそう述べた。

張氏は2022年12月からアリババクラウドのCEOを兼務している。大幅値下げの狙いについて張氏は、クラウドサービス利用のハードルを引き下げ、あらゆる業界の企業が使えるようにしたいとの考えを示した。

資金調達やIPOも視野に

「『強力な計算力を誰もが使えるようにする』というのが、張氏がCEO就任とともに定めた基本戦略だ。パブリック・クラウドの利用コストを企業が自前で建設するデータセンターより大幅に低くし、より多くの顧客を獲得する。それを通じて、パブリック・クラウドの規模のメリットを高めようとしている」。財新記者の取材に応じたアリババクラウドのある社員は、張氏の思惑をそう解説した。

それだけではない。今回の大幅値下げの決断には、アリババグループが2023年3月に主力事業を6分割したことも影響したとみられる。それぞれの事業グループは独立採算を求められると同時に、単独での資金調達やIPO(新規株式公開)を行う権限も与えられたからだ。

「クラウドサービス運営会社(の企業価値)は、株価収益率よりも株価に対する売上高の倍率で評価されるケースが多い。アリババクラウドが単独での資金調達やIPOを実現するには、売り上げ規模をもっと拡大しなければならない」。アリババクラウドの内情に詳しい関係者は、そうコメントした。

本記事は「財新」の提供記事です

市場調査会社のIDCのデータによれば、2022年下半期(7~12月)の中国のIaaS (インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス) 市場において、アリババクラウドは32.6%のシェアを獲得して首位の座を維持した。

だが、2021年上半期(1~6月)の38.6%と比べるとシェアは低下しており、売上高の成長率も業界平均値を下回っている。

(財新記者:張而弛)
※原文の配信は4月26日

財新 Biz&Tech

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ザイシン ビズアンドテック

中国の独立系メディア「財新」は専門記者が独自に取材した経済、産業やテクノロジーに関するリポートを毎日配信している。そのなかから、日本のビジネスパーソンが読むべき記事を厳選。中国ビジネスの最前線、イノベーションの最先端を日本語でお届けする。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT