世界が認める「飛騨高山バーガー」とは何者か

外国人観光客が殺到する異色グルメスポット

TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』取材班は、飛騨高山にあるセンターフォーハンバーガーズ(CENTER4 HAMBURGERS)を訪れ、なぜそんなに外国人に“刺さっているのか”の謎を徹底的に調査した。

日本古来の長屋が続く街並み。よ~く気にして歩かないと見逃しそうな(外国人なら何度か見逃して通り過ぎたに違いない)看板に「CENTER 4」の文字が。昔ながらの建築様式「うなぎの寝床」の特徴である長い廊下を抜けるとセンターフォーハンバーガーズのお店がある。

外国人に好まれそうな古民家風の店内

古民家風の建物に西洋のインテリアが妙にマッチした店内は、隠れ家的な雰囲気も相まって、外国人が好きなそうな場所ということがわかる。

前述したように、高山は外国人にとって人気のロケーション。さらにヨーロッパの旅行会社が考案したルートが、高山を人気スポットに押し上げた。その名も「サムライルート」。名古屋に始まり、高山、そして金沢へ抜けるルートで、都会の喧騒に疲れた外国人が高山を訪れ、身も心もリフレッシュするのだ。ちなみに、三重県の伊勢から、高山を通り輪島へ抜けるコースは「昇竜道」と呼ばれる。

黄金比率の極上バーガー

一般的なハンバーガーとの違いは、肉が最上部にあること! TBSテレビの新番組『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』。初回は4月20日(月)よる7時から2時間スペシャルです(通常回はよる8時~)

店主に話を聞くと、人気の秘密が明らかに。そのカギは「肉」。日本一のブランド和牛としての地位を築いた「飛騨牛」を100%使用している。その肉は、きめ細やかでやわらかく、網目のような霜降りと豊潤な味わいが特長だ。さらにその中でも、希少部位だけを使ったこのハンバーガーは極上中の極上と言っても過言ではない。

口コミサイトでも「生きてきた中でいちばんのハンバーガー」「このハンバーガーで泣け!」とハンバーガー上級者の外国人が大絶賛。さらに驚きのこだわりは、バンズ内の肉の位置にあった。

一般的なバーガーショップは肉がいちばん下にあるのに比べ、センターフォーではなんと最上部に。そう、これこそがおいしさを倍増させる、魔法の黄金レシピなのだという。

次ページホームシックな外国人のニーズにもマッチ!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。