気象庁がようやく放射性物質の拡散予測をホームページで初公開

気象庁がようやく放射性物質の拡散予測をホームページで初公開

気象庁は5日、放射性物質の拡散予測を初めてホームページ上で公開した。同資料はWMOを通じてIAEAに提出したもので、ドイツ気象庁のホームページに掲示されるなど欧州当局が公開しているのにもかかわらず、日本国民には非公開とされてきたもの。枝野官房長官は4日の記者会見で「日本国民に知らされていないのは問題」と発言したのを受けて公開に踏み切った。

IAEAへの報告は3月11日~15日まで1日2回、16日に1回、17日に3回、18日に1回、20日に2回、22日、23日、26日、30日、2日、4日に各1回の計23回。

資料は全編英語。直近の4月4日午前7時14分の資料では、冒頭で、4日から7日にかけての拡散予測を海抜500メートル、同1500メートル、同3000メートルの3つに分けて表示している。これによれば、海抜500メートルでは朝鮮半島西岸に到達。同1500メートルでは上海近辺に、同3000メートルでは台湾の南沖に到達するとしている。

続く資料では福島第一原発から出た1ベクレル以上の放射性物質がどのように拡散するかをシミュレーション。4日に漏れた放射性物質は地上20メートルから500メートルの大気中を南方に拡散し5日には紀伊半島南部の三重県や和歌山県に到達。6日は四国南部や九州南部や沖縄、さらに7日には朝鮮半島南部や上海、台湾にまで及ぶとしている。

予測は以下のリンクから見ることができる。

・IAEAからの要請と当庁が作成した資料一覧

(山田 雄一郎=東洋経済オンライン) 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。