ヤマト運輸が福島、青森、秋田、山形でメール便や時間帯指定便の取り扱いを再開

ヤマト運輸が福島、青森、秋田、山形でメール便や時間帯指定便の取り扱いを再開

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は福島県、青森県、秋田県、山形県で、福島県下の一部地域を除きメール便の取り扱いを4月6日から再開した。一部地域とは双葉郡全地区(広野町・楢葉町・富岡町・大熊町・双葉町・浪江町・川内村・葛尾村)、いわき市の一部、南相馬市の一部、田村市の一部、相馬郡飯舘村の一部。岩手県、宮城県を発着地とするメール便は依然休止中。

また、福島県、青森県、秋田県、山形県の4県では、福島県下の一部地域を除き、時間帯指定便の取り扱いを同日に再開した。一部地域とは、いわき市、相馬市、南相馬市、田村市、相馬郡、双葉郡の全地区。なお、いわき市の一部、南相馬市の一部、田村市の一部、相馬郡飯舘村の一部、双葉郡全地区(広野町・楢葉町・富岡町・大熊町・双葉町・浪江町・川内村・葛尾村)では依然として宅配便そのものを休止している。岩手県、宮城県を発着地とする時間指定便も依然休止中。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。