数学的思考の技術 不確実な世界を見通すヒント 小島寛之著

数学的思考の技術 不確実な世界を見通すヒント 小島寛之著

「数学的思考」とは、数学っぽくものを見て、数学っぽくものを考えることとかみ砕く。さらに言えば、物事を論理的に考えたり、単純化してシミュレーションしたりすることでもある。

小難しい数字の計算はいっさい出てこず、株式市場の原理から年金の破綻のカラクリ、果ては世界中で起きている不況という不具合などを、きっちりと数学的に分析してみせる。さらに、人気漫画『ライアーゲーム』や、村上春樹の小説の中に潜む数学的構造を読み解こうと試みる。

数理経済学を専門とする著者は、経済学とは単に富を増大させることのみを目的にしたものではなく、経済メカニズムと人々の幸福のかかわりを読み解く学問だと説く。

ベスト新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT