数学的思考の技術 不確実な世界を見通すヒント 小島寛之著

数学的思考の技術 不確実な世界を見通すヒント 小島寛之著

「数学的思考」とは、数学っぽくものを見て、数学っぽくものを考えることとかみ砕く。さらに言えば、物事を論理的に考えたり、単純化してシミュレーションしたりすることでもある。

小難しい数字の計算はいっさい出てこず、株式市場の原理から年金の破綻のカラクリ、果ては世界中で起きている不況という不具合などを、きっちりと数学的に分析してみせる。さらに、人気漫画『ライアーゲーム』や、村上春樹の小説の中に潜む数学的構造を読み解こうと試みる。

数理経済学を専門とする著者は、経済学とは単に富を増大させることのみを目的にしたものではなく、経済メカニズムと人々の幸福のかかわりを読み解く学問だと説く。

ベスト新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。