メディアと日本人 変わりゆく日常 橋元良明著

メディアと日本人 変わりゆく日常 橋元良明著

ケータイとインターネットの普及でメディア環境が激変している。新しいものに対して拒否反応を示すネオフォビア(新規恐怖)はメディアやコミュニケーションに関する技術革新においても顕著だ。

同時に、「76世代」という言葉がよく使われる。インターネット関連の起業家に1976年前後の生まれが多いからだ。彼らが大学を卒業した頃、ケータイの普及率は50%を超えた。そしてデジタルネイティブと称されるようになる。その後、さらに機器親和性の高いネオ・デジタルネイティブも誕生している。

この15年間、日本人のメディアとの接し方はどう変化したのか。特に心理傾向とメディア利用行動との関連性を中心に調査・考察する。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。