東日本大震災でも流れるネットの流言飛語

東日本大震災でも流れるネットの流言飛語

警察庁は4月1日、東日本大震災の被災地で「略奪が多発している」「暴行が行われている」など多数のデマがインターネットの掲示板やメールで流れていると公表した。物盗りなどの被害は発生しているが、重大な事件は把握されていないとして、こういった情報に惑わされないように注意を呼びかけている。
 
 ツイッターなどでは、被災地で餓死者が発生しているといった情報が流れ、また、海外のあいまいなニュース(→渋谷に原発!? 米FOXニュースが誤報)を元にした情報も広がっている。

一般的なこととして、大きな災害時には、政府や大手マスメディアなどの公的な機関が情報を隠蔽・歪曲しているのではないかという不信が高まる。「新聞には載っていないが、本当は〇〇だ」と語りたがる傾向も強まり、不確かな情報が流れやすい。ツイッターなどのソーシャルメディアが普及した今、これまで以上に、この類の情報が拡散する環境が整っている。
 
 ネットの情報は、マスメディアでは決して得られないミクロの情報を得るには非常に有効だ。しかし、悪意を持った情報、もしくは善意であっても間違った情報もそのまま流れる。公的機関や著名な組織・人物を騙る情報も少なくない。
 
 ネットの情報は、その特性をよく認識した上で、上手に活用したい。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。