中国アリババ「事業6分割」で目指す成長再加速 各事業グループに高い独立性、上場も視野に

✎ 1〜 ✎ 1201 ✎ 1202 ✎ 1203 ✎ 最新
拡大
縮小
アリババは事業の6分割を通じて成長鈍化の克服をもくろむ(写真は同社ウェブサイトより)

中国のEC(電子商取引)最大手の阿里巴巴集団(アリババ)が、創業後の24年間で最大規模の組織再編に乗り出した。グループ傘下の事業を6分割し、それぞれの経営に高い独立性を与える。

3月28日、アリババの董事会主席兼CEO(会長兼最高経営責任者)を務める張勇(ダニエル・チャン)氏が、全社員に宛てた電子メールのなかで明らかにした。

6分割後の事業の区割りは、国内EC事業の「淘宝天猫(タオバオ・Tモール)コマース・グループ」、クラウド事業などの「クラウド・インテリジェンス・グループ」、ネット出前など生活関連サービスの「ローカル・サービス・グループ」、物流事業の「菜鳥(ツァイニャオ)スマート・ロジスティクス・グループ」、越境ECなどの「グローバル・デジタル・コマース・グループ」、動画配信などの「デジタル・メディア・アンド・エンターテインメント・グループ」とアナウンスされた。

各事業グループは独自の董事会(取締役会に相当)を設置し、その指名を受けたCEOが(事業グループの)業績に対する全責任を負う。さらに、事業グループ独自の資金調達や新規株式公開(IPO)も視野に入れる。

「新たなインセンティブ必要」

上場企業としての「阿里巴巴集団」は、グループ持ち株会社に移行する。張氏はその経営トップとして、引き続きグループ戦略全体を統括すると同時に、クラウド・インテリジェンス・グループのCEOを兼務する。

「組織(の動き)を機敏にし、意思決定の経路を短縮し、(市場の変化に対する)反応を素早くする。それが今回の変革の根本的な目的だ」。張氏は社内向けのスピーチのなかで、事業分割の狙いをそう説いた。

大がかりな組織再編に踏み切った背景には、アリババが直面する厳しい現実があるとみられている。同社の祖業で稼ぎ頭のEC事業は、ライバルとの激しい競争に晒されて収益力が低下している。急拡大してきたクラウド事業も、ここに来て成長率が鈍化。アリババの直近の時価総額は、ピーク時の9000億ドル(約118兆円)近くから7割以上縮小してしまった。

本記事は「財新」の提供記事です

財新記者の取材に応じたアリババ関係者は、事業の6分割により独占禁止法への抵触リスクを下げられるほか、各事業グループの(採算面での)一本立ちに向けた動機づけになると説明する。

「アリババでは、前回のストックオプション付与からかなりの年月が過ぎた。新世代の経営陣と社員の(やる気を引き出す)ため、新たなインセンティブが必要だ」と、この関係者は語った。

(財新記者: 包雲紅、屈運栩)
※原文の配信は3月28日

財新 Biz&Tech

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ザイシン ビズアンドテック

中国の独立系メディア「財新」は専門記者が独自に取材した経済、産業やテクノロジーに関するリポートを毎日配信している。そのなかから、日本のビジネスパーソンが読むべき記事を厳選。中国ビジネスの最前線、イノベーションの最先端を日本語でお届けする。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT