「MEGAドンキ」のアパレルはここまでスゴい

情熱で動く巨大店が「しまむら」をしのぐ?

今回訪れた「MEGAドン・キホーテつくば店」は通常の「MEGAドン・キホーテ」業態よりも規模が小さい「New MEGAドン・キホーテ」のタイプ。ドン・キホーテ広報によると郊外を中心につくば店のような平屋タイプの店舗が年々増えているそうです。

ワンフロアということもあって売り場面積も3501平方メートルと小さめですが、通路幅は割とゆったりとしており、店内中央のサービスカウンター前には休憩スペースも設けられています。入口近くにはディズニーなど人気のキャラクターものを集積し、仕掛けを施したおもちゃ売り場や子供用の小さなカートを採用するなど、かなりファミリーを意識した売り場づくりが行われており、訪れたその日も子供を連れた多くの主婦層でにぎわっていました。

アバクロなど人気ブランドをセレクトショップ風に

セレクトショップのような雰囲気を出したMEGAドン・キホーテつくば店のインポートカジュアルのコーナー

さて、食品や酒類、日用品、家庭雑貨におもちゃ、化粧品・医薬品、家電から高級ブランド品まで、まさに何でもそろう「MEGAドン・キホーテ」ですが、つくば店の中でも非常に特徴的だったのがアパレルのコーナーでした。

ドン・キホーテのアパレル売り場というと、背の高いラックにずらっと並んだ色とりどりのジャージやスウェット類、段ボールやカゴに積まれたセール品、そしてキャラクター「ドンペン」が描かれたカラフルな手書きのPOPといった、いかにもディスカウントショップ!というイメージを描くのではないでしょうか。

しかし、つくば店のアパレルコーナーはまったく違いました。インポートカジュアルブランドウェアの品ぞろえを強化しており、「アバクロンビー&フィッチ」など人気ブランドの多彩なアイテムを取りそろえています。メイン通路側はすべて木製の什器を使用し、アメリカンテイストのネオンやブランドサインを採用するなど、セレクトショップさながら。

Tシャツ 、パーカー、キャップ、スニーカーまでをトータルコーディネーションした魅せるディスプレイで提案力を高めています。中通路の定番棚のシャツ類も専門店並みにきちんと畳まれて棚に収まっており、落ち着いた高級感があります。

ちなみに女性用のアパレルコーナーも白とパステルを基調にしたナチュラルテイストで、洋服の横には派手めの下着やコスプレ衣装がわんさかといった都市型の売り場とは一線を画し、大人でもゆっくりと買い物が楽しめます。

次ページ何でも揃うPB『情熱価格』
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。