最新版「ROEが改善する企業」ランキングTOP50 経営効率を高めた12月期企業をピックアップ

✎ 1〜 ✎ 345 ✎ 346 ✎ 347 ✎ 最新
拡大
縮小
コロナ影響が薄れつつある中、資本を効率的に活用しながら収益性を高めている企業に注目したい(写真:まちゃー/PIXTA)

インフレの高止まりリスクが意識される中、米欧で利上げが継続し、景気を取り巻く状況には不透明感が増してきている。さまざまな業種で事業環境に逆風が吹く事態も想定されており、株式市場では経営の効率性を重視した銘柄選別が一層進む可能性がある。

会社四季報 2023年2集・春号
『会社四季報 2023年2集・春号』。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

そこで今回は、3月17日(金)に発売した『会社四季報』2023年2集(春号)に掲載のランキングから、「ROE(自己資本利益率)改善度ランキング」の一部を紹介したい。

ROEは企業の自己資本(純資産)に対する当期純利益の割合で、投資家が投下した資本をどれだけ効率的に活用して利益を生み出しているかを示す指標だ。

ここでは、本決算が発表されて間もない12月期決算企業の中から、3年前の実績ROEとの比較で2023年12月期の予想ROE改善度が高い企業に注目し、ランキングを作成した。

条件として3年前決算期のROEが0%以上、直近自己資本比率が35%以上、今期予想の経常利益が純利益より大きい会社を対象にしている。

コロナ影響が一巡しROE急上昇

ROE改善度でトップになったのは、体育会学生向け就活サイト「スポナビ」運営のスポーツフィールド。2023年12月期の予想ROEは56.4%で、2020年12月期のROE3.9%からを52.5ポイント向上する見通しだ。

同社は2010年に設立、2019年12月上場の新興企業で、上場直後のタイミングで本格化したコロナ禍の直撃を受けた。新卒向けの大規模イベント中止などが響いて業績が低調に推移していたが、その後はコロナ禍の影響が薄れるにつれてイベント開催数などが徐々に増え、企業の採用意欲も持ち直してきたことがROEの急上昇につながっている。

次ページ上位には人材系とIT系が目立つ
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT