女子校育ち 辛酸なめ子著

女子校育ち 辛酸なめ子著

中高の6年間という多感な時期に、「女子100%の濃密ワールド」で洗礼を受けた女性たちは、卒業後も独特のオーラを発し続けるという。

ほとんど異性と接する機会がないだけに、性エネルギーをほかのことに向けられる。女子力は磨かないが、女子のみの気の置けない環境が批判精神を発達させて、率直な感想を開陳できるようになる。同時に「女の敵は女ではない」とわかってきて、卒業後も女子のよいところを素直に褒めたり認めたりできるようになるという特長があるという。

アンケートに加え、インタビュー、座談会、同窓会や文化祭潜入などを交えて、女子校一家に育った漫画家兼コラムニストの著者が、その生態をつまびらかにする。

ちくまプリマー新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT