火災の科学 火事のしくみと防ぎ方 辻本誠著

火災の科学 火事のしくみと防ぎ方 辻本誠著

火事が起こる仕組み、被害の現実、防災の心得などを、火災安全工学の第一人者がわかりやすくまとめた。

本書によれば国内で起こる火災は年に5万件余り。発生件数はこの10年で減少傾向にあるが、死亡者数はほとんど変わっていない。これは高齢者の増加が原因とみられていて、20年後には焼死者が3割以上増加するという試算もあるという。「火事になったら消そうとせずにできるだけ早く逃げること。これに尽きる」と警告する。

高層化、深層地下化、断熱材など新材料への変化など、知らないうちに危険をはらむ都市生活。リスクを知り、火災のメカニズムを知ることは、命を守るために必要な生活の知恵だと説く。

中公新書ラクレ 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT