火災の科学 火事のしくみと防ぎ方 辻本誠著

火災の科学 火事のしくみと防ぎ方 辻本誠著

火事が起こる仕組み、被害の現実、防災の心得などを、火災安全工学の第一人者がわかりやすくまとめた。

本書によれば国内で起こる火災は年に5万件余り。発生件数はこの10年で減少傾向にあるが、死亡者数はほとんど変わっていない。これは高齢者の増加が原因とみられていて、20年後には焼死者が3割以上増加するという試算もあるという。「火事になったら消そうとせずにできるだけ早く逃げること。これに尽きる」と警告する。

高層化、深層地下化、断熱材など新材料への変化など、知らないうちに危険をはらむ都市生活。リスクを知り、火災のメカニズムを知ることは、命を守るために必要な生活の知恵だと説く。

中公新書ラクレ 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。